八重の桜かんそう・ふたたび

何気に1月のスケジュールが押してきた。やばす
てかなんでこんなに時間掛かるかな…自分でも不思議で仕方が無い。
いえ一個ずつの動作がのろのろ遅いからなんですけど

さておき
年始に録っておいた八重の桜総集編を消化しました。
で、改めて感想

---
第一に映像の美しさがすんばらしいですよね、これ。
いやぁすばらしい。(大事なことなので2回
多分前年に「汚い」とか批評があった反動なんでしょう。か。
主役が女性だからってのもあるんでしょう。
毎週見てたときは慣れて「こんなもんだろう」と思ってたけど
久々に見たら、いや、美しいわ…なにこのすごい透明感
画像処理の力なのか演出の力なのか私には分かりませんけど
フィルムじゃない時代劇の画面は嫌いだったけどこれならOKだわ。むしろ歓迎。

キャスト、良いですよね。イメージぴったり、もしくはイメージアップ!て思う率が高い。ミスキャストだと思った人が居ないってすごい。
…あ、木戸孝允はちょっと、だったかもかな…(みっちーは好きですごめん
うん、いやでも西郷隆盛とか素晴らしかった。
今まで見た西郷隆盛のなかで一番良かった。
西郷さんて基本的に「優しくて力持ち」がクローズアップされがちだけど、この西郷さんは知的でかっこよかったです。かねてから、実際日本を動かした人なんだからもっと知的なはずと思ってたのよ、うん。
そして生瀬さんを見るとどんな役でも反射的に笑いそうになる病はもう治る見込みが無いです。

ストーリーについて
「綾瀬はるかがなかなか出てこない」と、うちの母親なんかは申しておりましたが
群像劇でしたですね、これ。
こないだ「そういうのは群像劇っていうのですよ」と教えてもらったんで嬉しそうにこの単語を使いますが
群像劇、好きなんですよ。大好物。
大河ドラマってどれも群像劇っぽいけど、これははっきりそうでしたですね~。
歴史、幕末はややこしくて特に苦手だったんですが、勉強になりましたw

そんな感じ

個人的にはかなり高得点な作品でした!もっと評価されるべきー!!
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

花樫(シガハナコ

イラストと漫画描いてます。
蠍座B型♀コーヒーチョコ中毒。大型。
いろんな意味で思ったより腐ってます。

連絡先:メールフォーム



月別アーカイブ