ヤマトかんそう

超今更ですがヤマト2199見終えたので感想~。

なんていうか「完璧」だな。隙が無いにもほどがある…!
1話たりとも手を抜いた話が無く、構成に一分の隙も無い
細部まで拘った設定・デザイン
作画も崩れた回なんて思い出せないし。
TVアニメでここまで気合の入った作品もそうそう無いと思われ。
すばらしいですね。
(自分は旧作も漫画も見て無いので比べることは出来ませんが)

旧作ファンからのプレッシャーは
ちょっと想像しただけでおっそろしいもんがありますし
今の若いアニメファンにも受け入れられないといけない、
商業的にも成功させないとってなると
ここまで完璧に練らざるをえなかったのかもしれない。

けど一つだけ難を言うなら、その「完璧さ」が私としては面白くなかったですw
完璧ゆえ「不完全なもの」だけが持つ未知数の伸びしろと有無を言わさない魅力、
それが皆無、ゆえに地味
いえヤマトリメイクでそんなことやってたら酷く叩かれたでしょうから
「完璧」で正解だとは思います;

まーしかし、大変だったろうなぁ。スタッフの皆さんお疲れ様でした…!

細かいとこいってくと
・うーばーヨカッタ。ぽにょうーばーすきー。
・前半の皆で合唱も悪くは無かった(けどいっそ佐々木さんにゴフゴフ
・女性クルーの制服はセクハラ過ぎるとなぜ暴動が起きないのか
・守さんやることやってんの…?瀕死で…?
・加藤さんも古風に見えてやることやってんの…
・女性クルーの制服はセクハラ過ぎるとなぜ暴動が起きないのか
・ハーロックがネモ船長
・滅亡の日まであと○○日は欲しかったかも

そんなかんじ
とりあえず旧作見てみたくなりましたですね!
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

花樫(シガハナコ

イラストと漫画描いてます。
蠍座B型♀コーヒーチョコ中毒。大型。
いろんな意味で思ったより腐ってます。

連絡先:メールフォーム



月別アーカイブ