つれづれ

明日の深夜おうまつさんなので
色々あって全体的に鬱ではあるものの、やや心躍り気味
「好き」って全ての原動力だよね
(※言わなくてもわかると思うけど恋愛のはなしではありません)


自分アニメ鑑賞が好きだけど制作側になりたいと思ったことは一切なく
むしろ制作側の裏話とか一ミリも聞きたくなくて、目にしたら全力で避ける
無知で野放図な消費者であり続けたい
なんでかっていうとその世界は私にとって「癒し」そのものであって
全く無責任に、これ好きーこれ嫌いーって言い放てるものでありつづけてほしいからです
(常識レベルのわきまえは必要だと思いますが)
そこに人間/個人を感じちゃうとどうしても無責任な感想を持てなくなるし、
どうしても雑念(その個人に対する気持ちやら)も入ってきちゃうし。
作品を作品として純粋に楽しめなくなっちゃうのが嫌。


ちょっと話逸れますが
げいじゅつとはほんらいそういうものではないか。
さくひんににじみでるあいとかうらみとかよろこびとかくろうとかを「かんじとって」
きょうかんしたり、すき、きらいといったかんそうをもつものであって
すぐれたげいじゅつというものはそれらがどれだけ「にじみでて」いるかできまるものだ。
(げいじゅつにいいわるいの「ひょうか」をくだすならそれはただそのいってんでのみである)
あいとかくろうをちょくせつほんにんのくちから(や、それいがいのでんたつほうほうで)きいてかんそうをつけるものではない。
そうなればそれはもう「さくひん」にたいするかんそうではなくその「ひと」にたいするかんそうだ

ね。
もちろん上の文は人そのものの魅力を否定するものではありません
それはそれ、これはこれってはなし

で、結局何が言いたいかっていうと
アニメが好きだし、おうまつさんが楽しみってはなし
まちきれないぜ
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

花樫(シガハナコ

イラストと漫画描いてます。
蠍座B型♀コーヒーチョコ中毒。大型。
いろんな意味で思ったより腐ってます。

連絡先:メールフォーム



月別アーカイブ