欝々(なぜかロスジェネ論

あーもー無理無理無理ただでさえ鬱週間なのに無理
昨日丁度「助けて 言えない」でweb検索してたくらい鬱なのに無理―
(下記事参照の事…
鬱なので畳みます

助けて 言えない
これで検索すると「助けてと言えない:いま30代に何が(2010年発行)」って本が出てきて
タイトル見ただけで あー、そうだよねーっ て思った
2010年の30代、つまり今のアラフォー、ロスジェネですけども
その世代の人間としては大きく頷くしかできない、なんせロスジェネだから声を上げることすらできないのだ
バブル世代(アラフィフ)と間違えるとか本当に勘弁しろ

ロスジェネってのは基本大人しい
なぜかというと声を上げても上世代に理解を得られず、諦め、ただ黙るしかなかった世代だからです
バブル崩壊爆心地の超就職氷河期、無限大の夢の後の何もない世の中でフリーターが生まれた時代。
けれども直後、IT革命で一時期持ち直すので下(今の30代)にも理解を得られず…
しかもPCを学校で習ってない世代なのでますます立場が弱い、してんのうのなかでもさいじゃく

当時の「フリーター」は、意味は今と同じでもニュアンスとしては今の「ニート」と同義
正社員=まっとうな社会人、になれない駄目な人間の烙印です
一つ上の世代、つまりバブル世代より上の世代には、男性は正社員終身雇用/女性は正社員のち結婚が当たり前
現実に「フリーター」が町に溢れていたってなにひとつ理解してもらえない…頑張りが足りないってべこべこになるまで言われるだけ
そうして何も言わないロスジェネの出来上がりです

今こう言っても「そんな事ない、アラフォーで活躍してる人いっぱい居る」言われますからね…
そら居るでしょうよ当たり前じゃんか、一部の上の方の人間はいつの時代だって一定数居るんだから

ああ無理ポジティブになんてなれない…
それはそれとしてこんなロスジェネ論をぶつつもりじゃなかった、昨日見た夢の話を書こうとしたんだったよ…記事を分けよう
あと「助けて言えない」で検索したのは世代論を探る為でなく私個人の性格の問題を解決したくてです…

しかし仮に「助けて」と言ったとして
「わかった!何したらいい?」と返されたら
それがわからない
自分が何を助けてもらいたいのか、=自分がどういう風に幸せになりたいのか、それさえ分からないのだ
まったくもって勉強のできない子供のそれと同じだ
どうしたらいいんだろう?
(ちなみにアドバイスは一切求めていません!!!!有難迷惑ってしってるかL!!!!)
鬱だわ…お菓子買って喰おう
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

花樫(シガハナコ

イラストと漫画描いてます。
蠍座B型♀コーヒーチョコ中毒。大型。
いろんな意味で思ったより腐ってます。

連絡先:メールフォーム



月別アーカイブ