ひとりごと(愚痴っぽい

全然ひとりごとなんだけども
母親が歳でだいぶ認知機能が落ちてきて戸惑う
年齢を考えれば平均的なレベルかな?とは思うんですが
自分の母親となると、やっぱりショックですね

普段の生活には全く問題ないのですが
(腰が曲がってしまっているので、そういう意味で出来ないことはあるのですが)
ただ、会話をしていると、話の内容が理解できていないんだろうな、というか
話したそばから忘れちゃうというか、そんなかんじ
世間話する分には問題ないんだけど、少し複雑なことになるとダメですね…
受け答えはしっかりしてるので、ぱっと見は理解したっぽく見えるのだけど
「分かった、じゃあこうしよう」と納得してくれた言葉が出た、次の瞬間に正反対のことを言い出したりする。
「解ってもらえない」こと自体よりも「解ったと思たら解ってなかった」がキツイ
何度も頑張って説明して、ようやく解ってもらえたと安心した次の瞬間に来るので脱力感が半端ない…
私が慣れれば済む話なんだろうけど…

とにかくなんでも、新しい事、イレギュラーな事に全然対応ができない
なのでなるべく「変えないように」気を使ってるんだけど、機械の故障は私にはどうもしようがないわけで
「新しい事」をなんとか覚えてもらわないといけないんだけど
これが…ぶっちゃけ酷く疲れる……;;
あれやな、新しいバイトさんに仕事教える時の気分を思い出すなw
でも「自分でできること」の範囲をなるべく狭めたくないと思うのです

「新しいことに対応できない」のは元々の性格とか、目の悪さも関係してるのかなと思う
物に愛着が凄いあるタイプの人で、新しい高性能なものを貰ってもずっと古い不便なものを使い続ける。
加えて目がかなり悪いので、同じ場所に同じものが無いと困るんだろう。

昔から、とにかくなんでも「新しいもの」が嫌いで、とりあえず拒否から入るタイプの人。
私の子供の頃も「流行りのおもちゃ」は一切買ってもらえなかった記憶。
(それは別に恨んでない、昔ながらのおもちゃは買ってもらえたしそれはそれで楽しかった)
服、髪形などなどの好みはすべて戦中戦後のまま。
(これはめちゃくちゃ恨んでいる、それでさんざんいじめられたから)
対して、私は「新しいもの」基本的に大好きなんですよね…
反動でなく、父が新しい物好きだったので、そっち受け継いでるんだと思う
(性格だけでなく、体質も私は全部父親似で、姉がそのまま母親の生き写しというあれ
(DNAって恐ろしいなと思うわ
んで、母の教育があるので昔のものも好きっていう、これは結構人生楽しむ上ではお得かもしれない

話がずれてきた
まぁ、なんというか、そういう感じなので、今からそういう対応の勉強しなきゃなーと…
思ってはいる_(:3 」∠)_
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

花樫(シガハナコ

イラストと漫画描いてます。
蠍座B型♀コーヒーチョコ中毒。大型。
いろんな意味で思ったより腐ってます。

連絡先:メールフォーム



月別アーカイブ