つれづれ(色彩

IMG_1815_20190121232107b1a.png

なんか今流行ってた色彩セラピーてやつやってみた
とりあえず好きな色が角丸四角で等間隔に可愛く並んでて嬉しくなりますね
解ってもらえるだろうかこの気持ち
好きな色の角丸四角が等間隔に並んでいるので可愛いです。


全然関係なくたまたま今日ぼんやり考えてたんですけど
油絵作品などのアナログ絵画は「現物」が最高じゃないですか。
書籍やらはあくまでコピー、現物とは迫力が違う、というのはみなさん共通認識だと思います
(迫力=色味やタッチや写真では分からない細かな、もしくは大きな部分の総合力)
一方で版画や漫画やらの印刷物「版下」は印刷後が完成品で、印刷物が最高になるよう計算して作られている訳ですが

デジタル絵のばあい…?

私の触れてきたデジ絵はゲーム等画面で見るための絵、印刷物に載せるための絵という用途をもったものが殆どで
なので印刷物や画面上のものが「現物/完成品」って認識だったんだけど
それらの用途をもたないものもありますよね。特に印刷するわけでもなく、ただ心のまま描かれてる作品。
そういうものは、油絵なんかの絵画作品と同じ枠に入ると思うんですけど
ということはですよ、その「現物」とは…?
美術館に飾られるような、「最高」の「現物」とはどこにあるのか問題。これを考えてました
結論として「作家の作画環境で見たそれ」
やっぱこれ

印刷を前提に考えていない作品において印刷物は論外として、
PC画面だって製品ごと設定ごと色味違う訳だから作者の意図とは違う見え方することのほうが多いわけで現物とは言い難い
作者の意図をズレなく伝えられるのは作者の制作環境のそれしかないよなぁと
ということは、近い未来にそういう設定をしたPCがずらっと並ぶ美術展が開かれてもおかしくないのでは!
大きく伸ばした印刷物を壁に貼って、手前にそういうPC置くのさ。良くないですか?
あと将来的にオークションで作者の環境ごと競り落とされてもおかしくないのでは!


どうでもいいことを考えては特段メモもせず消えていく日々に反省を込めてメモしてみました よ
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

花樫(シガハナコ

イラストと漫画描いてます。
蠍座B型♀コーヒーチョコ中毒。大型。
いろんな意味で思ったより腐ってます。

連絡先:メールフォーム



月別アーカイブ